1人1人にカスタマイズできるシャンプー&リペア
毛髪の知識など

AGAって聞いたことありますか?

男性の方なら聞いたことがあるであろうAGA

女性の方もCMなどでやっているのでいちどは耳にしたことがあると思います

AGAとはandrogenetic alopecia のことで男性型脱毛症のことです

AGAは進行性の脱毛症


脱毛症には、自己の治癒力で回復する「一時的な脱毛症」と、放っておくと症状が悪化していく「進行性の脱毛症」の大きく二つに分けることができます
「一時的な脱毛症」の例としては、抗がん剤などの治療薬による脱毛、出産後の脱毛症などが挙げられます。
「進行性の脱毛症」の例は加齢による脱毛とAGAです

AGAは遺伝的要因が強い


人は親より半分ずつ染色体(遺伝子)を受け継ぎ、その特徴を次世代へと引き継いでいきます。性はX染色体とY染色体で決定されます。男性の場合は、父親からY染色体、母親からX染色体を、女性の場合は両方の親からX染色体を受け継ぎます。
AGA関連遺伝子はx染色体上にあるため、母親、母方の祖父母にAGAの人がいると、いない人にくらべてAGAを発症する確率が高くなります。

また、父親の脱毛が子に関連していることも知られています

AGAの原因は5a-リダクターゼ


AGAの原因が男性ホルモンであることはよく知られています。しかし、血液中の男性ホルモン濃度をAGA発症者と未発症者で比較してみると、その濃度はさほど変わらないことが分かっています。
では、なぜ男性ホルモンが原因と言われていてなにがAGA発症者と未発症者で違いがあるかというと、AGA発症者では男性ホルモンを活性型男性ホルモンに変換する5a-リダクターゼという酵素の活性が高く、それ故に、毛乳頭細胞中の活性型男性ホルモン濃度が非常に高くなっていることが分かっています。
さらに活性型男性ホルモンに結合すると脱毛シグナルをだす男性ホルモン受容体の発現量も多く、これらの負の連鎖によりAGAは進行していきます。

AGAは成長期を短くする


AGAの特徴のひとつは、ヘアサイクルが乱されて成長期が短くなることです、
男性ホルモンは5a-リダクターゼの働きにより活性型男性ホルモンに変換されます。活性型男性ホルモンはヘアサイクルを成長期から退行期へ移行させるシグナルを作らせ、成長期を短くします。
通常3〜5年ある成長期が数ヶ月〜1年程度に短くなると言われています。そのせいで、本来もっと成長するはずだった髪の成長がとまりついには脱毛してしまうのです。
つまり、AGAとは成長期の短縮により毛髪が十分に成長しきれず細毛化し、その上ヘアサイクルが早くなることで脱毛量がふえるという悪循環を引き起こす脱毛症です。


次のブログでもさらにAGAについて、どう対処すればいいのかを書いていきたいと思います

公式LINE@で髪や頭皮のお悩みのご相談やご予約のご相談などお受けいたします
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
友だち追加

ABOUT ME
アバター
春日部の美容室 nuvolaオーナースタイリスト中村 翔
春日部の美容室nuvolaオーナースタイリスト中村 翔 お客様の骨格やくせ、ライフスタイルに合わせたヘアスタイルの提案とヘアケアマイスター、Aujuaソムリエ、Eralキュアリスト取得など幅広い毛髪科学の知識でダメージを最小限に抑えながらデザインを提供している。 公式LINE@で髪のお悩みやご予約のご相談などお受け致します。